[リナザウ]ハード

5月のザウルスくん

[Large画像☆Click注意]

R9050614 神のドライバを導入しました。
NetWalkerで使っていたSDHCの8Gも16Gも安心してC3000に挿せます☆

画像は関係ない今日のオヤツ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れても好きな人

[Large画像☆Click注意]

R9030058 ぺこぽん(NetWalker)に一途な愛を捧げる為、リカバリ中のリナザウSL-C3000を放置したということは、11月にチラリと書いた記憶があります。
ですが、画像整理の為にも、この辺でリナザウくんと鯨との親密な関係が、どのように冷めていったのかを、書き記しておこうかと思います。

事の発端は、そろそろ初代C3000のキーボードもヘタってきたから、二代目C3000をCF換装しようと思った確か今年のことです。
なんと二代目C3000は、CF換装するとエラー出て起動しなくなるんです。
何度作業をやり直しても、ダメ。
元のマイクロドライブに戻しても、ダメ。
「まずいなあ」と思いながらも、初代C3000がまだ動いているので、新しいCFを初代C3000に刺してお茶を濁してしまいました。
R9030057
ところがそんな健気な初代C3000くんも、何が気に入らないのか、いえ、気に入らないことだらけだったのでしょうけど、SDドライブの不調が目立つようになりました。
最初は大きなファイルのコピーに失敗することが増え、あれよあれよという間に、SDドライブにSDを刺しているだけで、起動しなくなりました。

「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」ではありませんけど、SDドライブが使えないならアダプタ噛ませてCFドライブに突っ込めばいいのですが、不安定なのは困りもの。
二代目C3000に移行したくとも、肝心の二代目C3000はマイクロドライブを刺しても起動してくれません。
まさかこんなに早くに三代目C3000を使うなんて、ありえません。
長生きしちゃった時の事を考えて、予備機はしっかりキープしたいものです。
そうなると、とりあえず二代目C3000を田端に持っていくしか道は残されていませんでした。

R9030051 結論から申しますと、二代目C3000の田端行きは回避されました。
エラーメッセージから判断して、どうにもマイクロドライブを認識出来てないように思えたので、しつこく刺し直し。
大きな声では言えませんが、実は二代目C3000の初回CF換装時、ピン曲げちゃったような記憶があったし…ごにょごにょ。
それを踏まえて、慎重な作業を繰り返し、無事二代目C3000は息を吹き返してくれたのでありました。

いやあ、これで田端に持っていってたら、大恥かくところでしたよね!

そんなこんなで復活を遂げた二代目C3000くんではありますが、環境構築途中で放置しているので、来年も「鯨のエアフォース1」は、ぺこぽんことNetWalkerくんのままになりそうです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CF換装

クラスメイトから、「トップページはいつも電車の写真で、すっかり鉄ヲタのblogですね」と、イヤミを言われてしまった鯨です。
だからという訳ではないのですが、病身なのも忘れて、CFの換装をやってました。
正確に言うと、換装していたCFが不調なので、新しいCFに交換していた、ということですけれど。

まだ換装しただけでデータのコピーが終わってないから、これからが作業本番です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WPAとWN-G54

20081227_cf01 [Large画像☆Click注意]

IOデータのWN-G54/CF(2.4GHz IEEE802.11g)のドライバが、公開されていることを、ウッカリ口を滑らせてしまった所、クラスメイトから導入レポの依頼がありました。
長らく放置してしまったのは、アルツなんです、ほんっとに。
遅くなってゴメンナサイです。

ぷちのいずサマの所から、ダウンロードして、作業は以下の通り。

20081227_cf03 1) cf8385-c1000_081211_arm.ipkをインスコ
20081227_cf04 2) wpa-supplicant_0.5.7-081211_arm.ipk をインスコ
20081227_cf05 3) 通常の「ネットワーク設定」で設定を作成
20081227_cf06 4) 設定タブの「WPA settings」を起動し、3で作成した設定を編集する
20081227_cf07 5) 「None/WEP」を「WPA/WPA2」に変更し、パスワードを指定する

後は、通常の接続でOK

20081227_cf02 注意書きにも書かれているのだけれど、無線乱接続したまま電源を切ると、次回電源が入らなくなる。
根性で画面接写してみました。

-----
INIT: version 2.78 booting
INIT: Entering runlevel: 5
modprobe: modprobe: Can't locate module wifi0
dhcpcd[1023]: terminating on signal 15

modprobe: modprobe: Can't locate module wifi0
hdcpcd[1939]: terminating on signal 15

modprobe: modprobe: Can't locate module wifi0
dhcpcd[2624]: terminating on signal 15

modprobe: modprobe: Can't locate module wifi0
dhcpcd[3430]: recvfrom: Network is down

dhcpcd[3430]: sendto: Network is down

modprobe: modprobe: Can't locate module wifi0
-----

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世にも恐怖な物語

鯨が今愛用しているのは、16GCFに換装したC3000です。
換装したのは、今年の6月のことでした(詳細は、このカテゴリに→[リナザウ]ハード)。
それが最近になって、とある恐ろしい現象に遭遇するようになってしまったのです。

その恐ろしい現象というのは、とあるファイルにアクセスすると、テキメン動作が不安定になるという現象です。
まあ、そのファイルというのは音楽ファイルでして。 まあ、鯨が以前替え歌をのせたこともあるセラミックガールな訳でして。
季節的にチョコレイトディスコで不安定になるなら許せるけど…いや、そういう問題でもないか。

この半年、クラスメイトから、CF換装した場合、ファイルが一個壊れると、なし崩しに崩壊していくと脅され続けていたので、ここ一両日、ザウの電源すら入れることができずにいます。
早く新しいCF届かないかな…

(↑クラスメイトからは、電源を入れないより先に、バックアップを取るよう言われたものの、16Gもバックアップとるなんて、マッピラですッ。アスコラLOOXのHDDだって、空き容量は21.4Mしかないんですから!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CFの届く頃に-暇潰し編-

今となっては、C3000よりC3200が主流だと思う。
まあ、鯨だってC3200が黒くなければ、発売と同時にC3200に移行していただろうし。
だから、今更CF換装でC3000なんて、古く放置された情報しかないのではないかと不安だったが、全く問題がなかった。
先人に感謝。

先人に倣って、今回のC3000のCF換装について、鯨敵ポイントをまとめておきます。
-----
まずは、参考にしたリンクから↓

Linuxザウルス開発メモ/ハードウェア/C3000HDD換装
ハラワタをぶちまけろ [2008年05月28日(水)]
-----
お次は、やらなかったこと↓

ザウルスドライブは使っていない機能なので、「storage_fd.o」の問題は、解決させていない。
鯨はsambaで十分だし。
でも、これ解決させてないと、もしかして「システム情報→本体ディスク合計」がうまく出ないのかも?(未確認)
-----
お次は「HDD→CF」へのコピー時↓

鯨は「まっさらな」C3000で構築しなかった。
現役のC3000をそのまままるごとコピって、即日使用を目指しました。
まるごとコピってうまくいかなかったものは、今のところ以下の通り。
 2GのSDは、再インスコ
 ネットワーク関係は、設定保存し直し(特に洋ぽんはmknodし直しな)
 zplayerの再生時に、画面が左下になる(不自由ないので絶賛放置中)
出来れば購入直後の状態でCF換装して、CF換装してから環境構築した方がいいのかもしれないけど。
そこまで暇じゃないよなーと思ったり。
いや、暇じゃないなら、仕事しなよって。
-----
後は、開腹手術が原因と思われる不具合↓

AキーとSキーが一時的に反応が極端に悪くなった。
ネジの締めは甘くなかった自信があった。
無理やり運用していると、反応は戻ったので、馴染んだのだと思う。
-----
それ以外のポイント↓

ココログへの投稿は、文字数制限があるので、今回は幾つかに記事を分割して投稿しました。
クラスメイトで気付かないヤシはいないと思ってますが、お気付きない方の為に念の為。
今回のタイトルは「ひぐらしのなく頃に」をモジって遊んでいます。
含まれている「銅箔」「ツメ」「swap」は、鯨が躓いた点なので、使ったキーワードであります。
最初の3つの記事を読んだ後、「これはこの後、暇つぶし編がupされるだろう」と察した皆様に、Sharpさま(おやしろさま)の祟りがありますように☆
-----

最後に、久々にお約束の一言でも書いておくかな。

銅箔切っちゃうし、ツメ折っちゃう鯨だけど、見捨てないでね、お兄ちゃま!(←某12人の妹風に)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CFの届く頃に-swap殺し編-

[Large画像☆Click注意]

現役のC3000にCFをぶっ刺して、まずはパーティションを切ります。
この辺の作業は、リナザウのお陰でそこそこ手慣れた。
「念の為、HDDのバックアップとっておこう」とか、思ったりしないもんね。

サクサク切ります。

お次は、hdd1とhdd2をコピー。
hdd3は、一先ずなくてもいいと判断。
起動確認してからコピろう。
銅箔切っても、起動するかどうかを知りたいだけ。
銅箔が原因で起動しなくなったら、予備機として買って置いたC3200の基盤を入れるか、なつたんへの貢ぎ物にするか、どちらかを選ばなくてはならないのだ。
新品のC3200を開腹する度胸は、ちょっとないんだけど。
なつたんなら、基盤無しで渡したら、基盤を自分で作ってくれそうだよなあ。

そんなことを考えながら風呂入っている間に、ファイルのコピー修了。

再度組み上げ。
裏蓋ネジは、放置。
だってもし起動したら、後で銅箔に半田盛ってあげなきゃいけないから。

20080615_cf_16g_10 おおっと、起動しない。
慌てずメッセージの確認。
どうせロリータファイル(rofilesysのこと)あたりだろうからね。

と思ったけど、fstabぽい。
あ、そういえばswap作り忘れてたぢゃん…

20080615_cf_16g_13 観念して現役のC3000をfdiskで把握し、CFのhdd3予定分を削除し、再度hdd3予定分とswap領域分に分割。
今度は正常に起動。
最初から現役C3000をfdiskで調べればよかったよ、とほほ。

残る敵は銅箔。

20080615_cf_16g_12 翌日、クラスメイトに問い合わせてみると、銅箔はそんなに重要ではないっぽい。
いや、もしかすると鯨の脳内フィルタリングのせいで、重要じゃないように聞こえただけかもだけど。

そういう訳で、思いっ切り銅箔を引っ張り上げて、久しぶりの半田付け。
20080615_cf_16g_14 なつたんから貰った、半田付けが上手に出来る魔法の液体を塗ってから、ジュッと一気に…のつもりだったんだけど、うまく繋げられず、何度か盛り直し。
目玉にはならなかったけど、見事なミミズだ。
銅箔だから、ケーブルの時みたいにテスター当てる必要ないよなあと思いながら、縫合。

基盤のネジは、ちゃんと基盤に矢印ついているから、間違えっこありません。
20080615_cf_16g_15 ネジ頭を潰さないように、でもシッカリ締めます。
でないと、キータッチに影響出そうだからね。
起動させてから、dfして確認。

さあ、後は動作確認です☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CFの届く頃に-爪流し編-

[Large画像☆Click注意]

翌日残業をこなして帰ると、ショップからCFが届いていました。
さあ、換装だ!
20080615_cf_16g_07
まずは、漸くご対面したマイクロドライブを抜き去ります。
今度こそシールで固定されてるに違いないと、懸命にシールを剥がしていきましたが、実際には剥がす必要なんてないモノでした。
つーか、寧ろ剥がすなと。
何という時間ロス!
どうして行き当たりばったりなんですかね?
先に調べてからにしましょうよと、再び凹みまくり。
20080615_cf_16g_08
何とか気を取り直して、CFを刺してみます。
うまい具合に刺さったので、いそいそと組み立て。
手間隙かけてフレキを繋いでから、気付きました。

CFに何もしてないって。
確かパーティション切って、コピー作業やるんじゃんかったっけ!?

20080615_cf_16g_09 青くなって再度分解。
幸い裏蓋は閉めてなかったし、基盤のネジも、千切った銅箔もそのままだし。
今度はフレキを外さないように作業しないと。
フレキをキッチリ刺すのって、キッチリ刺さってるかどうか自信がなくて、不安なんだもん。

なんて思いながら作業していたら…グチッて音がしました。

ああ、ツメ折っちゃったよ、プラケースの固定ツメ。

SDスロット寄りの浅い方のツメだ。
でも、ツメは4つもあるもんな。
だってほら、椅子は足が4本あるけど、3本足のイスだってあるじゃん?
4つのものは3つでもいいんだよ。

そんなこんなで、CFを外し終えたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CFの届く頃に-銅箔隠し編-

[Large画像☆Click注意]

「HDD→CF換装」ってヤツをやることにしました。

ハードディスクの一部に損失が出てるぽいので、田端に修理(パーツ交換)にでも出そうかと考えていた古いC3000。
CFの値段が下がっているのと、クラスメイトから是非CF換装して欲しいとリクエストが来ていたので。
どうせ仕事してないし、丁度いいかなと。
新端末にも手を出さないから、最近モバネタないし。
20080615_cf_16g_01
そういう訳で、レッツCF換装!

裏蓋のネジを外して、基盤のネジを外して…と、ここまでは順調。
開けて驚いたのは、以外と汚れが酷いこと。
まあ、割と隙間だらけだもんね。
20080615_cf_16g_02 特に酷いのが、ジョグの辺り。
綿埃になってました。
(画像は綿埃を取り除いた後のものです)
折角なので、お掃除お掃除☆

問題は、ケースから基盤を取り出すところ。
なんかACアダプタ刺す辺り(赤外線の近辺です)が、外れてくれないんです。
ジーッと見て観察すると、一箇所気になる所があるんです。
基盤の角にシールが貼ってあるようなのです。
ピカピカしたシールみたいなのと、ピカピカした半田みたいなので、固定されてる「ぽく」見えた訳です。
シールじゃないように見えたんだけど、シールみたいだから。
シールなら、引っ張れば剥がれるだろうと思って、思い切って引っ張ってみたら…
20080615_cf_16g_03
「ブチッ」と逝きました。

何が起こったのかわからなくて、慌ててgoogle先生にきいてみたら、すぐに判明。
「銅箔」ってヤツを、切ってしまったぽい!
これはどうやら半田を溶かして外してあげないと、いけなかったらしいです。
でも、そんなの無理だよ!
だって半田を溶かすには半田鏝が必要だし、半田鏝なんて、引越し荷物のどこに紛れ込んでるかわからないんだもん!
いやいや、昔買った「半田吸いテープ」なるものがあるから、あれを使えばうまくいったのかな?
いや、まだ半田付けは目玉になる確率の方が高いから、うまく吸い取れたとしても、半田付けで失敗するのが、目に見えている。
でも、こんなシールと見間違うような紛らわしいもの、貼らないで欲しいよなあ。
20080615_cf_16g_04
でも、切ってしまったらどんな悪影響が出るかどうかも、わかんないし。
だから、切れててもいいんじゃないかな~。
仕事じゃないから、そんな神経質になることないと思うし、うん。

暫し凹むものの、ハンプティダンプティ。
泣けば元に戻る訳でもない。
気を取り直して、GO TO NEXT!

20080615_cf_16g_05 次の難関は、MicroDriveの周辺を覆っているっぽい(保護?)プラケースの固定ツメを外すところ。
意外と固い。
危うく折るところ。

さあ、CFに換装だ!と思ったのだけれど、ここでSTOP☆
実は換装用の16G-CFがまだ到着していないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リナザウで2GのSD使いたい?

[Large画像☆Click注意]

16GのCF換装日記にdf画像を出して、思い出しました。

20080615_sd2g そういえば、鯨のC3000でも、2GSD使えるようになったんです。
何しろ、wikipedia導入でHDDに空きがない。
背に腹はかえられませんでした。
ほんっと、今更なお話で恥ずかしい限りです。
でも、2GのSDが使えることに、魅力も必要性も感じなかったのは事実でしたけど…

zaurus_sd_driver_update_cxxxx_1.0+tetsu_arm.zipをインスコして、再起動。
それだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧