音楽・画像

本日の一枚

R9057008[Large画像☆Click注意]

にょろり☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の一枚

R9067806[Large画像☆Click注意]

猫のこういう姿を見ると、やっぱり猫なんだなあと感心させられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

塀の上から

R9057028[Large画像☆Click注意]

塀の上から、こんにちは。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛されているのか腫れ物扱いなのか

[Large画像☆Click注意]

R9095591写真のことを愚痴り過ぎたのか、鯨がメールに画像を添付すると、クラスメイト達が尽く褒め尽くしてくれるようになりました。

ディズニーランドのミュージカルで撮ったロリ趣味な画像を添付すれば、「バレエ雑誌のグラビアみたい」と来ますし。
同じくディズニーランドのミュージカルの飛行シーン画像を添付すると、「アングル・コントラスト共によくまとまっている」と来ますし。
自信の猫写真を添付してみれば、「今年のフォトジェニック!」と来ます。

褒める所を探させているようで、逆に申し訳ない気分です。
申し訳ない気分で一杯ではありますが、死ぬまでに一度は「褒めて伸びるタイプ」になりたいので、これからもどんどん褒めてくださいませ。
R9095571
ちなみに上の画像はディズニーランドでは有名なシンデレラ城というやつだそうです。
で、夜の池に映ったシンデレラ城と一緒に撮ると「ダブルシンデレラ城」とかいうらしく、オメデタイのだかアリガタイのだかよくわからないけど、カッコイイのだそうです。
下の画像は、勘のいい方はお気付きでしょうけど、パンチラ狙って見事外した画像です☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の一枚

R9070576[Large画像☆Click注意]

パラパラ漫画みたいにすると、猫が鯨にビックリして逃げ出した様子が、よくわかるのですけれど。

地震以降、近所の野良猫が姿を消してしまいました。
最近、ポツリポツリと戻ってきてるようなのですが。

R9070577
猫写真を撮るには遠征かけないといけないので、病身には辛い限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毛繕い

R9056927[Large画像☆Click注意]

肉球の見えている足の力み具合がポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元カノと今カノ、どちらと心中するか

[Large画像☆Click注意]

R9079554元カノは清楚で控え目、いつも僕の期待や希望に沿うように努めてくれていた。
だから、別に元カノに不満なんてなかったのだ。
なのに友達から彼女を紹介され、何となく付き合う流れになって、そのまま元カノとは自然消滅してしまった。
今カノは、ちょっとワガママで気紛れ、キュートなんだけど、僕はいつも振り回されてばかり。
別に今カノに不満はないのに、疲れている時にワガママに付き合わされると、急に元カノが懐かしくなったりすることもある。
喧嘩別れした訳ではないのだから、友達として立ち話くらいしても問題ないと、僕は考えている。
しかし、そんな僕の身勝手さが、今カノを苦しめているなんて、思いもよらなかった。

というのが、最近の鯨の苦悩でした。
勿論「彼女」を「デジカメ」に置換して読んでいただかなければなりませんけれど。

実はこの夏、イベントでの写真撮影を依頼されました。
というのも、前回同様のイベントで、とんでもなく素晴らしい写真を撮ってしまったからです。
写真をプレゼントしたところ、大変喜ばれてしまい、今回は写真撮影に最適な場所を譲っていただいてしまうという好待遇。

恐らく、鯨のデジカメ生活をご存知の方々は、疑問に感じていらっしゃるでしょう。
そして、その感覚は正しいのです。
ええ、鯨の撮影技術がそんなに優れているハズもありません。

要するに、前回のイベントでの写真は、ビギナーズラック。
しかも、多くのショットがプロカメラマンとほぼ同じタイミングという奇跡。
これだと、鯨がモテモテになってしまうのは、避けようがないじゃないですか。

R9079555で、まあ、ご期待通りの展開です。
前回は使い馴れたデジカメで、これぞという一枚を撮っていたのです。
古いデジカメは、今も昔も、そしてこれからも、史上最強のデジカメでしょう。
ところが今回、新しいデジカメにしてしまった為、どうにも思う写真が撮れなくなってしまっていたのです。
それは、猫写真もそうですし、静物写真でもそうです。
どの写真も、「これぞ」という一枚に中々なってくれないまま、もう何ヶ月も苦戦していたのです。

しかも、高性能になった分、どうにもシャッター間隔が長くなってしまいました。
ピント合わせ開始からファイル保存完了までの間隔が、以前のデジカメよりどうにも長い。
その為、シャッターを切るタイミングがズレてしまうのです。
そうなると、ますます思った一枚が撮れなくて、軽快な動作の前のデジカメが恋しくて仕方がない。

そこへ悪魔の囁やきです。
クラスメイトが、鯨に余計な知恵をつけたのです。
「このアイテムを使うと、二台のデジカメを一つに固定できるんだよ!」

なるほど、このイベントでは三脚を使うことが出来ないので、右手と左手で一台ずつデジカメを持つと支える手がなくなるから、手ぶれ必至。
でも、二台を一つに出来るのなら、後は鯨がドラマーになりきって、右手と左手でタイミングよくシャッターを切ることが出来れば大丈夫。
最悪新しいデジカメの写真が全滅しても、前回同様タイミングさえミスしなければ、馴れた古いデジカメなら大丈夫。

R9079556もう、ハナから新しいデジカメのことなんて、信用していないのです。
古いデジカメのことしか、頼りにしていない。
その癖、どちらか一つに絞りきれていない、優柔不断さ。
一昔前に流行った、少年マンガのハーレム状態の主人公みたいです。
イチゴなんとかとか、ラブひななんとかとかね。
あの手のハーレムマンガで嫌いなのは、主人公が八方美人で、どの女の子ともヨロシクやろうとしている下心ミエミエ感が、鯨はイライラするのです。
でも、その一番嫌いなタイプと同じことを、鯨はその時やらかしていたのです。
もう、カイジ的にも失敗するのは必然です。
マンガなら、それでもうまくいくのでしょうけれど、現実はそんなに甘くありません。

依頼されていた写真撮影は、2回。
まずは、1回目。
古いデジカメは、尽くシャッターを切るタイミングをミス。
ところが、新しいデジカメが踏ん張ってくれていました。
驚異的な感度とピント合わせ力で、必要最低限の枚数を確保してくれていました。
正直、古いデジカメがいなければ、全滅の危機でした。

そして2回目。
こちらは、目も当てられなかった。
人為的トラブルが発生し、カメラの固定位置が変更されてしまっていたからです。
それが狂ってしまうと、レンズが明後日の方向を向いてしまいます。
撮影開始と同時に気付いたのですが、固定を修正するには、撮影を中断しなくてはならない。
時間的に無理です。
鯨は、力技でなんとか狂った固定位置を修正しようとしたのですが、それが古いカメラの手ぶれとなりました。
固定位置が狂っていたので、新しいカメラは全て人物が半分切れている状態。
悔しいのが、それでも新しいカメラは予想以上の能力を発輝して、切れてさえいなければ、使える状態の撮影をしてくれていたこと。

R9079557結果から見ても、明らかに新しいカメラ一本で行くべきだったのです。
新しい彼女と付き合った時点で、もう元カノのことなんてスッパリ忘れて、思い出すことすらしちゃいけなかったんです。
鯨は、新しいデジカメと心中する覚悟を決めました。
覚悟を決めたものの、写真のない理由の説明にはなりません。
明日、写真を持っていかなければならないので、今夜は徹夜で言い訳を練らなくてならないのです。

次回のイベントには、もう声をかけてもらえないのだろうなと思うと、悲しくて仕方がありません。
何が悲しいって、写真をの練習をする格好の場を失ってしまったことです。
その前に、写真を撮ることができなかった点を詫び反省すべきなのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大阪土産

R9059840[Large画像☆Click注意]

たこ焼きは、タコ抜きが好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恋心

R9067829[Large画像☆Click注意]

今日の一枚。
偶然の一枚でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見返り美人

R9067797[Large画像☆Click注意]

今日の一枚。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧